ニューカレドニア旅行記!ハネムーン(新婚旅行)での注意点と必須持ち物とは?

ニューカレドニア旅行記!ハネムーン(新婚旅行)での注意点と必須持ち物とは?

ハネムーン人気のニューカレドニア 

今回は、婚活から少し離れて、
ハネムーンに人気の国
ニューカレドニアの旅行記を書いていきます。


私は、海外旅行が好きで、
年に3回くらいは海外に行きます。


今回は、南国気分を楽しみたいと思い、
自分が結婚する前にもかかわらず、
ハネムーンに人気のニューカレドニアに行ってきました。


ニューカレドニアは、オーストラリアから東約1,200キロ離れた、
南太平洋の島で、一年中泳ぐことができる、
南国の島として知られています。

また、ニューカレドニアは、
どこまでも長く真っ白いビーチが続く、
天国に一番近い島」の映画の舞台になったウベア島もあります。


フランスパンのような形をした、
全長400kmになる、長い島。

ニューカレドニア 地図周りに浮かぶ諸島の面積を合わせると、
1万9,110平方メートルで、
四国と同じぐらいの面積なんだそうです。


首都はヌメアで、
今回私が宿泊したのは、ヌメアと、
イルデパン島です。


綺麗な海、どこを見ても絵になる島として、
確かに天国に一番近いのかなーと思います。


私の感じたことから言えば、
ニューカレドニアに住む人の気質から、
天国に近いなあと思いました。


ニューカレドニアに住む人、
働く人は、とっても陽気。
細かいことを気にしなーい!
というタイプが多いようです。


行きには送迎バスで迎えに来てもらったのですが、
そのガイドさんが、ニューカレドニアについて、
いろいろとお話してくれました。

ニューカレドニアの観光、気候、両替、時差

観光ベストシーズン:9月~12月
10月から夏本番らしく、晴れる確率が高いそうです。
もっとも暑い2月の平均気温は27度。


冬にあたる7月~8月は20度と、
寒くて泳げないっぽいです。


レート:100 日本 円 = 86.2761 CFPフラン (2014年5月時点)
     100 CFPフラン = 115.91 日本円
今回の旅行では、両替の手数料を支払ったこともあり、
100フラン=130円という計算で行動しました。

ちなみに、国際空港内と市内とどこで両替しても、
手数料もレートも大差ないので、空港でさっさと両替したほうが良いです。

本土のフランスではユーロ通貨なんですが、
ニューカレドニアはCFPフランで、
将来ユーロに切り替わる予定もないそうです。


時差:日本時間から+2時間
例 ニューカレドニアが朝8時→日本時間だと朝10時


フライト時間:約8時間30分
成田or関空→
ヌメア・トントゥータ国際空港まで、
エアカラン航空会社による直行便があります。


チップ制:なし!
      ホテルメーキングやボーイさんに、
      チップを渡さなくても良いので気楽です!

公用語:フランス語
ニューカレドニアは、フランス領のため、

ただし、ホテル内や、スーパーなどでは、
英語も通じました。

日本語はほとんど通じないので、
困ったら現地日本人スタッフに頼むのが良いです。

離島ではホテル内以外、英語も通じません。

物価:日本より高い
食事代がかなり高くつきます。
一品一品量も多いので、頼むときは要注意。


治安:比較的良いようです。


お酒の販売:金曜日、土曜日、日曜日、祝日
お酒類の販売が禁止されています。
また、政府の通達によって追加されるようです・・・

そして、ガイドさんのいうには、
ニューカレドニアの人は、
のんびり屋さんばかりなので、
レストランでモノを頼んで時間が結構経っても
怒らないでほしい、とのこと。


日本みたいにせかせかしていないので、
食べ物が出てくるのが遅くても
かっかせずに待ちましょうってことらしいです。


基本的なビジネスアワーを聞いても、
せかせかしない理由がわかります。


ニューカレドニアの人が働く時間は、
午前10時~12時、14時~18時ぐらいが普通。


24時間営業のコンビニなんてありません。


レストランでも、
12時~14時半、19時~22時が当たり前。


日本人みたいに、
朝9時~終電まで残業たくさんで帰れない・・・
なんてことはありません。


そもそも電車がないし(^_^;)


ニューカレドニアに来ると、
時間がすごくゆっくり過ぎていくように感じます。


また、夜に空いているお店がないため、
規則正しい時間で過ごすことができます。


朝夜逆転なんて考えられないですね。


そんなニューカレドニアに着いて、
一番困ったのが、深夜の空腹です。


成田空港から、ニューカレドニア行きの便は、
1日1便、週3~4回ぐらいの頻度です。
(2014年度)


そのため、成田から直行で出発するときは、
ニューカレドニアに着く時間が
決まってしまいます。
成田空港12時半に出発して、
ニューカレドニアに着くのは夜の11時。
ホテルに着くのが大体夜中の0時半ぐらいです。


寝てもおかしくない時間。
だけど、お腹が空いてしょうがない!


とはいえ、23時以降に営業しているのは、
バーとカジノだけ。


そのバーもカジノも、夜1時に閉まります。
さらにいうと、ニューカレドニアのバーでは、
食べ物の提供はなく、出てくるのはお酒だけ。


お腹が空いても、
23時以降に食べ物を売っているお店がない(笑)


あきらめて寝ることにしました。


もし、深夜帯にニューカレドニア着なら、
空腹を満たせるお菓子を持参するのが良いです。


翌日、ホテルから一番近いと思われる、
食品売場を探すのも一苦労でした。


ニューカレドニアの夜は、
ほんと、驚くほど静かです!


星も綺麗で、都会の喧騒が嘘みたいです。

ニューカレドニア旅行ツアーで利用したサイト

今回私がニューカレドニア予約したのは、タウンライフ旅探しサイトです!
こちらでは、海外旅行のオリジナルプランを作成してくれます。

ニューカレドニア旅行に関して、こちらの希望を聞いてくれるのと、特典などがついてきてお得だったのもあり、ほかの旅行会社も比較したうえで、こちらを利用しました。


ちなみに、ニューカレドニアはリゾート地エリアにあります!
ぜひ一度利用してみてくださいね!

ニューカレドニア観光

タウンライフ旅さがし