アラサー女子の婚活で必死な厳しい現実

アラサー女子の婚活で必死な厳しい現実

アラサーの私が言うのもなんですが、
必死に婚活をしていて分かった厳しい現実が見えてきました。

具体的には下記のような現実↓

・出会いがないと言っている人に出会いは来ない。
・いい出会いがないって言っている人は、周りにいる人たちのよいところを見ようとしていない。
・条件で相手を見ている人はそれ以上に条件で切られる。


なぜ、自分がそういう状況におちいっているかを考えることも必要です。
でも、それは『どうしたらこの状況を打開できるんだろう?』
っていう気持ちがないと、先には進まないんですよね。


頑張って好かれようとしても疲れるし、
相手に聞きたいこと・伝えたいことは素直に話したほうがいいです。
そのうえで相手と駄目になるなら、それはそれまでの縁。


嫌なことは嫌だ、
好きなことは好き。
伝える言葉やタイミングは選ぶ必要はあるかもしれないけれど、
そんな風に自分の気持ちを素直に表現していれば、
いつか自分に相応しい相手と巡り会えるんじゃないだろうか。


少なくとも自分はそうだったんですけど。
頑張る相手を間違えると婚活は余計疲れるんだと思う。


自分磨きとかで外見磨いたりとかも大切じゃないとは言わないけど、
“これだけ頑張って時間とお金をかけてるんだから、条件の良い男(女)捕まえなきゃ!!”
って、
それ、相手には関係ないですよね。
完全に自分の自己満足です。


やっぱり人って一緒にいて癒される人を求めてる。
自分を良く見せようとかばっかりで、
自分の気持ちは見せないのに、
相手の気持ちだけ知りたがろうとしても、
そんな人に心を開こうとか仲良くなりたいなんて思わないし。


臆病になりすぎて、自分を大切にするのをはき違えてると
相手にも大切にされなかったり。

アラサー女子の婚活は大変かもしれませんが、
必死になりすぎて現実を見れなくなっていると大変になってしまいます。

焦って大切なことを見失わないように気をつけていきたいですね。