婚活女性は身の程知らず?お相手への希望、高望みじゃないですか

婚活に必死な女性ほど男性に対して高望みしてしまう傾向があります。
また、30代ぐらいになると現実が見えてきて、年収や性格、ルックスなどに対してどうしても高望みになってしまいます。

高望みは、悪いことではないのですが、そんなにパーフェクトな人が婚活しているのかと考えると疑問です。
そんなパーフェクトな男性なら婚活しなくても、女性からモテてすぐに結婚しているはずです。

高望みしてもよいですが、高望みしすぎて相手がなかなか決まらないのは問題です。
どうしても譲れないポイントを決めて、それ以外は、ハードルを下げてみるのもおすすめです。

例えば、年収1000万円希望していてなかなか相手が見つからない場合は、年収800万円まで下げてみるのもよいでしょう。

意外とハードルを下げると相手がすぐに見つかる場合もあります。
年収1000万にこだわって結婚がなかなかできないより、年収800万円にハードルを下げてすぐに結婚できるほうが幸せといえます。

高望みは百害あって一利なし。自分の身の程に合った婚活をしよう

高望みは百害あって一利なしです。

高望みしすぎて、条件のよい人に出会えても、相手が自分のことを気に入ってくれなければ何にもなりません。
条件のよい男性は、それなりに自分に合った人を選びます。
だから高望みしすぎていると、何人紹介してもらっても、うまくいかないことが多いです。

自分をよく知って自分の身の程に合ったお相手を探していきましょう。
高望みしすぎて出会いや時間をロスしてしまっていては、もったいないです。
自分をよく知って、自分にはこのぐらいの人が合うかなーとよく考えてみましょう。
もちろん結婚して生活に困りたくないから年収は、大切ですが、あまり高すぎる年収は本当に必要なのかどうかよく考えてみましょう。

身の程に合わない婚活は、いくらやってもうまくいきません。
そんな婚活をだらだらやるより、身の程に合った相手とはやく出会って結婚するほうが幸せになれます。
時間をロスしない為にも高望みしすぎるのは辞めましょう。

身の程知らずと言われないために・・・お相手への希望を見直すポイントはここ

身の程知らずと言われないためには、自分のことをよく知りましょう。
自分の欠点も含めて、このぐらいの男性が自分には合うかなーというポイントを決めて行きましょう。

また、何にこだわるのかも決めましょう。
年収かルックスか性格か、どこにポイントをおくのかをしっかり決めましょう。

お相手への希望を見直すポイントは、年収や年齢などです。
年収を下げたり、年齢の幅を広げたりハードルを下げることで自分に合ったお相手が探しやすくなります。

また、自分がハードルを下げることによって、意外とリラックスできて、おしゃべりが弾んだりします。
高望みしすぎていた時よりもリラックスできて、自然体でお付き合いできる可能性が高いのです。

身の程知らずと思われるのは、嫌ですよねー。
ぜひ高望みしすぎず、ハードルを下げてお相手探しをしてみましょう。
意外と高望みしていたときよりも、楽しく婚活できたりします。

お相手への希望を見直して、自分に合ったお相手を探していきましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする