メールで交際を断る時はハッキリ言うべき?婚活での断り方の例文を教えます

メールで交際を断る時はハッキリ言うべき

メールで交際を断るときはハッキリ断ることが大切になります。

それは何故かというとハッキリ断っても躊躇しながら断っても同じ結果になるからです。

どちらにしろ相手に同じ意味を伝えるならハッキリ言う方がいいです。

ハッキリ言うときは、他に好きな人を見つけました、考え方の観点からお断わりします、などの文章を送ります。

いくら男性でも嫌いだから、交際をやめたいからと大胆すぎる発言はやめましょう。

断るときは、考え方の相違から交際を辞めますなどとハッキリ言うのが大切になります。

辞めますではなくて、辞めようかと思っています
→まだ女性は迷っていると勘違いして男性が交際をしようと考えます。

ハッキリ伝わらないと分からないこともあるため、きちんと正確に大人としての文章を伝えます。

最初にごめんなさいも入れておくと丁寧な文章になるからよりいいです。相手がどれだけ読み取ってくれるか文章を考えて送るのが大切になります。

やんわり断ると伝わらない!ハッキリ言いながらも相手を尊重する例文

やんわり断ると伝わりません。

まず文章の中身は交際を辞めたいことを伝えないといけません。

文章の内容には、【ごめんなさい】【交際をお断りします】の文章がないと、きちんと男性に伝えることが出来ません。

これだけではまだ男性に伝わらないから、どうして交際を断るのか、しっかり本文を書きます。

先ほども述べたように、他の人で好きな人が出来てしまいましたなどと送らないと男性は諦めてくれない場合もあります。

ただぶっきら棒に送るだけではなくてしっかり心のこもったような文章を送ることも大事です。ただ交際を断りますではなく交際を断ろうと考えていますだとハッキリしないため、悪化してしまいます。

交際をハッキリ断るなら、なるべく早く伝える方がいいです。

適当な文章を打つと男性に分かってもらえず、しつこいこともあります。

尊重する文章を送るためには、ぶっきら棒の文章ではなく、きちんと意味の込めた文章を送ることが大切です。

交際を断るメールだと分かってもらうようにします。

相手をなるべく傷つけたくない!お互い気持ち良く次に進める断り方の例文


普通なら上記のように断るだけでも十分いいのですが、どうしても男性を傷つけたくないと思う一面もあります。

先ほど述べたように上記の文章ではハッキリとは伝わりますが、気持ちのいい文章ではありません。

どうしたらいいかというと、最後にもう一文付け加えた文章を送ります。

お世話になりました、いい出会いがあることを祈ります、などの明るい文章を入れるか入れないかで読み取る本人の気持ちも変わってきます。

ただネガティブに送るだけではお互いに気持ちよくありません。

相手に少しだけ明るい文章を送れば傷つけた感覚も薄くなります。

ハッキリと伝えることも大事ですが、どうしても傷つけたくないときがあります。

明るすぎな文章はよくありませんが、傷つけないように最後に一文添えて伝えるのがいいです。

こうすることで相手の方も嫌な思いをあまり感じにくいし、これからの他の婚活でも順調よく進めることが出来ます。

断り方がいかに大事かということです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする