男性もドン引き!婚活が長引く痛い女子あるある!あなたは大丈夫?


せっかく重い腰を上げて婚活を始めたのに、なぜか全然うまくいかないなんてことはありませんか?

これまで敬遠してきたイベントや合コンに勇気を出して参加してみたにもかかわらず、連戦連敗ではモチベーションも下がるし、なにより「私ってそんなにダメ?」と傷ついてしまいます。

なかには、「私は結婚には向いていないのかも。やっぱり仕事に生きるしかない!」と考える人もいるかもしれません。

もちろん、仕事に生きる選択も素晴らしいのですが、ちょっと待ってください。婚活がうまくいかないのは、あなたが結婚に向いていないのではなく、婚活の場で男性から「痛い女子」と思われてしまっているからかもしれません。

「社会経験も長いし、常識はわきまえているつもり」
「人並みにに恋愛経験もあるし自信もあるわ」
という、一見大人な30代の女性ほど、婚活となると急に「痛い女子」になってしまうことも…

ここでは、男性が痛い女子と思う女性の特徴と、痛い女子にならないための方法をお伝えします。

ぜひ、今後の婚活の参考にしてみてくださいね。

男性に聞いた!可愛くても対象外、婚活で出会う痛い女子の特徴

男性を対象に、”婚活の場で痛い女子に遭遇したことがあるか?”というアンケートに、半数が「ある」と答えたというデータがあります。

婚活中の女性には衝撃的な結果ですよね?

どんなに頑張っても、相手に半分の確率で「痛い」と思われてしまうなんて…男性は、どんなことを「痛い」と感じているか、ご紹介します。

大人の落ち着きや魅力ではなく、無理な若作りで勝負しようとする

婚活では30代の女性が20代のころよりも不利になってしまうのも事実。

そのため、若い子に負けないようにと、少しでも若く見られるように頑張る人も多いのでは?

でも、その努力、残念ながら男性には「若作り」していると思われてしまうことも多いのです。男性は女性が思うよりもファッションやメイクをよーく見ています。

”かわいい系”の服が好きな女性は要注意!また、見た目だけでなく”ぶりっ子”など、あなたの言動も見られていますので、注意してくださいね。

婚活の場で仕事の功績や恋愛遍歴についてばかり話題にする

誰かと話していると、つい、今まで頑張ってきた仕事の話をしたくなっちゃいますよね。

でも、男性が聞きたいのは、あなたのキャリアではなく、あなたの人となりです。それなのに、初対面のあなたから仕事の功績ばかりを聞かされては、男性はうんざり。

また、婚活への自信のなさからか、これまでの恋愛遍歴を武勇伝のように話してしまう女性がいます。それももちろんNG。あなたが逆の立場でも、これから結婚を考える相手の恋愛遍歴なんか聞きたくないですよね?

家事や経済観念などの生活能力が著しく欠けている

家事能力が欠けていることが垣間見える女性の振る舞いも、男性には「痛い」と思われてしまいます。

「ランチはいつもお母さんの手作り弁当」
「今でも自分の部屋はお母さんが掃除している」
など、実家暮らしで親に世話してもらいながら生活しているエピソードはもってのほか。

また、ブランド物や旅行、女子会などで散財しているエピソードを話題にするのも避けた方がよいです。

なぜなら、婚活で男性が求める女性像は、“お金のかかる彼女”ではなく、“堅実な結婚相手”だから。あまりにも家事に疎いと、結婚後の日常生活で苦労するだろうと想像されても仕方ありませんよね。

痛くならないために!30過ぎたら婚活をのココを変えてみよう!

jill111 / Pixabay

若作りするのではなく、年を重ねたからこその魅力で勝負する

「30代といってもまだまだ若いし、かわいいファッションだって取り入れたい」気持ち、わかります。

でも、その「かわいい」のイメージって、20代のころと変わっていないなんてことはないでしょうか?

30代でも素敵だなと思われる女性は、年齢相応の「かわいさ」をよく理解しているのです。

年齢とともに重ねてきた多くの経験から醸し出される、落ち着いた大人のかわいさというものは、20代の女子には真似できない大きな魅力。過去の自分に戻ることより、今のあなたを最も輝かせるかわいさを探してみませんか?

30代婚活女子のおすすめファッションは女性らしさを感じるファッションです。 女の子らしさ、ファッションのデザイン、ファッションの色を重視したファッションがいいです。女性だとピンクや赤などもいいですが、その人らしさにあった落ち着いた色でもいいです。 黒は大人っぽく見えるし、白は清潔感を感じます。

仕事や恋愛遍歴よりも、お互いが安心できる話題選択を

まず、あなたの前にいる男性は、仕事の相手ではないことを強く認識しましょう。

とくに、これまで仕事を人一倍頑張って、仕事関係以外の人との交流が少なかった人は注意が必要です。“婚活相手”と考えると話題選びに困ってしまう人は、友達づくりのイメージでやってみると、変にかしこまらずに話が弾みやすくなります。

恋愛遍歴に関しても同様で、初対面同士で楽しく話すのにふさわしい話題を選択してくださいね。

最低限の家事能力は身に着けよう

これは、婚活のためだけでなく、結婚生活のためにもぜひ身に着けてください。

もし、結婚後に共働きをするとしたら、今と仕事のスタンスを変えずに家では夫と分担して家事をこなさなければなりません。

そこに、妊娠出産を経験すると、子育てをしながら仕事をして家事もするというとんでもないマルチタスクが降りかかってきます。

家事能力の乏しい今のままで、結婚生活を維持できますか?

ぜひ、今のうちにせめて自分のことは自分でできる能力を身に着けておきましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする