30代の婚活では本当に売れ残り低スペック男性としか出会えないの?

30代の婚活では本当に売れ残り低スペック男性としか出会えないのかというと、実はそんなことはありません。

なぜなら、女性だけでなく男性も、ある程度の年齢を重ねるまでは、遊びたかったり、自分のお金を自分の好きに使える状態をキープしたいといった思いが強く出てしまい、まだ焦るには早すぎるからと、20代をやり過ごしてしまうことは往々にしてあり得るからです。

また、年令を重ねていくことによって、男性も最初は若い女性に魅力を感じていたにもかかわらず、家庭を築いて将来をともにしていくことを考えたときに、あまりにも年齢差があったり、無知であったり、共通点が少ないということに幻滅してしまい、結果的に同世代の女性を選ぶという傾向が強くなるのです。

もちろん、30代まで社会人として働いていれば、それなりに経済的な余裕もできてきます。

将来設計を考えた上でも、30代での婚活というものは、理にかなっているとも言えるのです。

ですから、そういった点を考慮しても、売れ残り低スペックな男性だけしかいないと諦めてしまうのはもったいないことです。

30代婚活の実態!売れ残り男性としか出会えないって本当なの?

ずばり30代での婚活は、売れ残ってしまった男性としか出会えないわけではありません。

そもそも、売れ残っているのかどうかは、個人の主観であり、当の本人は、女性も含めて、別に自分は売れ残ったわけではありません。

好き好んで売れ残っていると思われるような立場を選択してきたのだといった自負を持っている人もいらっしゃるからです。

仮に、売れ残っていたとしても、自分は売れ残りですとして凛とした態度でいる男性であれば、逆に行為を持って見ることもできます。

また、売れ残っていることを自虐的なネタとして使っている場合もありえます。

正直、本当に売れ残っているとしか言いようのない男性もゼロではありません。

でも、すべての男性について売れ残りであるとのレッテルを張ってしまっては、あなたにとっての婚活は非常にマイナスからのスタートになってしまうでしょう。

おおらかな気持ちで、自分の心眼によって、冷静になって相手を選別することの重要性を知ることも、ときには必要となる処世術と言えます。

もしかすると、お相手もあなたと同じように考えている可能性もあるのです。

30代でも素敵な男性と出会いたい!そんなとき使える婚活テクニック教えます

素敵な男性に出会うには、30代であるとかいくつであるということはほとんど関係がありません。

それは、出会いが年齢ではなくて、個人の問題とテクニックによって成り立っていると言えるからです。

個人的なところでいえば、見た目やスキル、性格などといったパーソナルなところに左右されます。

自分磨きをしてあなたの魅力を高めていくことでいくらでもレベルアップをしていくことができる要素です。

それでも、テクニックだけは身につけていないと、なかなかうまく使いこなせないものですので、知っておく必要があります。

では、具体的にどういったものが、婚活テクニックとして挙げられるかについて説明します。

たとえば、自分のことを自分の言葉で理路整然とそして嘘偽りなく語れる女性であると相手に思わせるテクニックです。

もちろん、包み隠さず本当のことをあけすけに話すだけではなく、うまく脚色を加えて、男性から見て魅力的に写る自分をプロデュースして語るようにします。

彼にとってのあなたが理想の女性以外の何者でもないということがうまく浸透していけば、その恋は実ったも同然です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする