婚活で30代女性が陥りがちな勘違い行動の数々を徹底追及!

婚活で30代女性が陥りがちな勘違い行動の数々を、徹底追及していきます。

まず、勘違い行動で多いのが、容姿についてです。

自分がまだ20代の頃のようにきれいで若く、美しいと思い込んでいて、理想を高くもちすぎてる女性が見られます。

そのような勘違いから、相手を高望みして年収600万円以上とか、安定した職業を希望していたりします。

20代の頃は、ちやほやされてモテていた女性でも、30代をすぎて確実に劣化していきます。

自分のことを勘違いして、相手を高望みしすぎるのは、とても恥ずかしい行動といえます。

また、勘違い行動で多いのが年下を望む女性です。

まだまだ若いから年下も大丈夫、と思い込んでませんか。

年下の男性からみて、30代の女性がアプローチしてくるのは、見苦しいと感じることも多いのです。

若いと思い込んで、年下男性に積極的にアプローチするのは、勘違い行動といえます。

また、年下男性からみて見苦しいと感じられやすいので、注意しましょう。

婚活をしている30代女性は、勘違い行動をしないように気をつけましょう。

周りから勘違い女、と呼ばれないように注意が必要です。

婚活市場で売れ残る女性の特徴!勘違いほど惨めなモノはない

婚活市場で売れ残る女性の特徴は、やはり高望みしている女性です。

勘違いほど惨めなものはないので、気を付けましょう。

特に、20代でモテていた方、ちやほやされた経験がある方は、勘違いしやすい傾向にあるので、注意しましょう。

勘違い女なんて言われないように、気を付けましょう。

20代の頃は、男性からちやほやされてモテていた方も、30代を過ぎると外見も劣化するし、年齢というハンデもでてきます。

特に子どもを欲しがる男性は、30代を過ぎている女性に価値をなくしてしまいます。

年齢が上がれば上がるほど、子どもをつくるのが大変になります。

だから30代の女性は、自分にもハンデがあることをしっかり自覚して、高望みは、辞めましょう。

高望みをしたまま婚活をしていても、確実に売れ残ります。

そして、売れ残ったまま年齢を重ねて、更に価値が下がっていきます。

ですから、高望みは本当によくないです。

魅力的な男性をゲットするには、自分にも魅力的なところが必要なのです。

自分にどれだけ魅力があるのか、しっかり考えていきましょう。

売れ残りは惨めです。

勘違い婚活女にならないための要注意点。自分を客観視しよう

勘違い婚活女にならないための要注意点は、自分を客観視することです。

自分は、こんな魅力があるとか、ここは人より劣っているとか、しっかりよい所や悪い所をチェックしていきましょう。

自分をしっかり客観視できていれば、望みしすぎることもないでしょう。

もう30代です。

20代の頃と違って、劣化も始まっています。

だから、相手に少し悪い点や気に入らない点があっても、妥協することが必要です。

自分だって30代で劣化していくのだから、相手にだって悪い点があって、ちょうどよいのです。

また、妥協して付き合ってみると、意外とうまがあったり、優しいところに惹かれて好きになったりします。

高望みする恋愛よりも、ずっと気楽に楽しい付き合いができる場合も多いので、妥協してお付き合いをはじめてみるのもおすすめです。

勘違い女にならないように、相手に求める条件のレベルを下げていきましょう。

レベルを下げていくと出会いも増え、気楽にお付き合いができて、案外、スムーズに結婚まで進む可能性も高くなります。

妥協して付き合うのも、よいものです。

高望みはやめて、是非、楽しい付き合いをしてみて下さい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする