自然体でいられる恋愛をして結婚したいなら

自然体 カップル恋愛で結婚まで手をつなぐ自然体でいられる恋愛をしてから、
結婚したいと考える女性は多いと思います。


この、漠然としてつかみどころのない「恋愛における自然体」とは何でしょうか?
もっと簡単な言葉で言いかえてみましょう。
・肩ひじを張らずにいられる。
・実体よりも背伸びをして良く見せる必要がない
・失うものを気にせず、緊張せずにいられる
・ムリして話題を探して意思疎通を図らなくても、わかりあえている

……と、こんな感じでしょうか。


では、こういう仲になれるには、
どんなことが必要になると思いますか?


下記に自然体になるに必要なことを書き出してみます。
・自分が相手に受け入れられている、という自信ができている。相手のこともわかっている。
・物事を考えたり判断する基準やバックグラウンドがある程度似通っていて、
 すでに二人で共有されている。
・いい加減でいいときはいい加減に、ちゃんと決めないといけないときは決める、
・局面ごとの真剣さのレベル感も似てないといけない


こう考えてみると、「自然体」なる状態を実現するまでの意識共有する努力は、
一筋縄でいかないことがわかります。


「自然体でいられる」相手かどうかを見極めるのも実は容易ではありませんよね。


自分が緊張していたり、非日常だったりという場(パーティー・合コンなど)では、
自分が自然体じゃないわけで、相手との相性など見極められるわけがありません。
そうすると、2回、3回は個人対個人で会って緊張が解けてこないと、
自然体状態を作り出すのは難しいですよね。


また、異性とデートするのは何年かぶりだという場合、
自然体になれるわけがありません。

自然体でいられる恋愛がしたいなら一歩踏み出す努力を

自然体でいられる恋愛をしたい方にオススメの方法があります。


私の友達の一人に、婚活してる最中に「ちょっと疲れた・・・」
というときに出会い、意気投合して結婚した人がいい例になると思います。


ちょっと婚活疲れをしたぐらいのときに、自分自身の肩の力も抜けるんだと思います。
私の友達が結婚する彼は、年齢が一回り下で、稼ぎは彼女には遠く及ばないし、
普通に合コンなんかで会ってたら、絶対無理というタイプとのことです。


二人が知り合った場所は、
住んでいるマンション近くの行きつけのバーでした。


なので、結婚も恋愛も意識することなく何度も会っているうちに、
二人でいるのが、実はとてもラクかもという自然体の関係を発見できた、

とのことでした。


彼女は、そのとき、婚活らしい婚活はしていなくて、
合コンも、めっきり行かなくなっていました。


でも、少なくとも家の近所とはいえ、
常連客が集うレストランには出かけていました。
そこにいるお客さんと会話をしていたんですよね。


これが重要なことです。
「自然体の生活」から、一歩踏み出す。
自然体でいられる相手を見つけたいならば、大事なことです。


一歩を踏み出しさえすれば、
必ず自然体で恋愛ができる相手にたどりつきます!