婚活での自然な出会いを求めるあなたへ。結婚への遠回りかも?

独身婚活女性の自然な出会い

結婚を望んている女性の中には、
ときどき、【自然な出会いで恋愛して結婚相手を見つけたい!】
と出会いの場所に行かず、ずっと待ち続けている人がいます。

ずっと待ち続けていて、自然な出会いはあるんでしょうか?
そもそも、「自然な出会い」とは何でしょうか。
きちんと定義してみようと思います。

日常、生活を送っている中で、
日常の行動の範囲内で知り合いになれること

だとすると、代表的なのは職場や仕事を通じた出会いですよね。

今も昔も、自然な出会いのきっかけの大きな割合を占めています。
交際が始まるきっかけとなるような、
具体的な自然な出会いのシチュエーションを想定すると、
・職場で近い範囲にいて、よくおしゃべりする。
・社内で仕事を依頼したり、されたりで、接点がある。
・仕事上や業務外の活動(クリスマス会とか社員旅行とか)で一緒になる。
・同期入社や社内の友人のつながりで飲み会に誘われる。
・社内の友人や上司に紹介される。

といった感じでしょうか。

でも、現状を考えてみると、
・人員はギリギリで仕事を回しているので、おしゃべりする余裕なし。
・仕事以外の行事や活動はすっか削減された。
・会社の人同士で飲みに行くことはめっきり減った。
・新卒の採用減や中途採用、派遣などの雇用の多様化で、
 同期入社なんていう概念がない。
・世話を焼こうという物好きな上司はいない。
・個人的に食事なんかに誘うと、一歩間違うとセクハラ扱い。

というわけで職場恋愛には、あまり期待できそうもありません。

自然の出会いではない、偶然の出会いについて

では、自然の出会いではなく、もっと偶然性の高い出会いについてはどうでしょうか?
偶然の出会い、と言って思い浮かぶのは、
・サークルや習い事
・街中で、電車で、バスで、駅で、バス停で、喫茶店で、
・旅先で、
といったものになると思います。

でも、偶然の出会いがきっかけの結婚数は、
過去20~30年ではほとんど変化がないようです。

実は「偶然の出会い」というのは、もともとそんなにありません。
映画のワンシーンのような、
紙袋からオレンジがコロコロと転がり、
拾ってくれた男性と運命の出会い……
なんてことはほぼ起こりえないと考えていいと思います。

相手が独身であったり、
結婚したいと考えているかどうか、
と考えていくと、その人数はかなり少なくなります。

というわけで、
私がオススメするのは、まずネット婚活。
結婚相談所に行ってたくさんのお金を支払ったとしても、
メールのやりとりは、必ずついて回るものです。

メールのやりとりで失言せず、良い出会いはモノにしたいですよね。

だったら、先にメールのやりとりで男性に慣れておいたほうがいいと思いませんか?
私は、もともとメールが好きではありませんでしたが、
ゼクシィ縁結びでメール技術がかなり鍛えられたと思います。

ゼクシィ縁結びで知り合える男性の人数は、嘘偽りなく、かなり多いです。

イヤになるぐらいたくさんの男性のプロフィールを目にすると思います。

こっそり、婚活がどんなものかを知るためにも、
私が婚活に成功できた、ゼクシィ縁結びをオススメします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする