婚活アプリのあるある!本気の婚活にも有効?体験実話から検証!

婚活アプリのあるある!本気の婚活にも有効?体験実話から検証!

バツイチというのを気にせず会ってみたら気があった

バツイチ男性で、次付き合う人とは今度こそ幸せな結婚したいと思っている男性はいます。

実際、とある人は次付き合う人とは結婚を前提とした付き合いをしたいと思っていましたが、コンパなどは苦手で、お見合いパーティーは相手とのはじめのやり取りが短すぎるから、と婚カツアプリ(ゼクシィの縁結び)に登録していました。

プロフィールなどで趣味があいそうな人とメールでやり取りするうちに気が合い、その後お付き合い、結婚まで発展しました。

相手の女性は始めバツイチというので、別れの原因が気になっていたそうですが、メールのやり取りの相手の誠実な態度から会うことに決めたとのこと。

プロフィールを読んだだけでは相手がどんな人かわかりません。イメージだけで決めつけず、やり取りの中から。ゆっくり見極めるというのも大切です。

逆にいえば、プロフィールに高収入などと書いてあって連絡をとってみると残念なこともあります。メールのやり取りで誠実さを感じられなかったり、無理がある場合は本当に結婚を前提とした付き合いが出来るのか、良く考える必要もあります。

・年収1000万円以上などの人ではなく、現実的な人と連絡を取り合ったら結婚に繋がった

年収が高い人はそれだけモテます。

中にはそれを知っていて年収を高めに設定している人もいます。年収ばかりにこだわらず、趣味や話のあう、一般的な男性に目を向けてやり取りするうちにお互い惹かれ合い、結婚した人は沢山います。

こんな男性いるいる!婚活アプリを利用している男性の特徴

・職場が男性ばかりで、出会いたくても中々出会いがない

職場が男性ばかりの場合は、出会いたくても中々出会えないと言うことがあります。

周りが結婚すると合コンなどもなくなり、出会いを求めてアプリに登録した場合です。本気で真面目にお付き合いしたいと考えています。

・結婚を急ぎすぎている

相手が結婚を焦っていて、会う前から、いつまでに結婚したいと、結婚を目的としていて、お付き合いなどのことをあまり重視していなかったり、結婚した後の条件などをいきなり連絡してくる場合です。

・疑いすぎている

本当はさくらなのじゃないか?

とか、彼氏がいるのではないかと疑っている人です。女性にはメッセージが多いので、なかなか返せずにいると、他に相手がいるのではないか?と気にしたり、嫌味を言ったり、試すようなことをいってくることがあります。

・20以上離れた歳上の男性

年下女性を狙っていて、プロフィール欄から年下の好みの女性を探し、連絡してくる男性です。

歳上の特権をアピールしてきて、自ら年上男性と付き合う有効性を訴えてきます。

こんなトラブルあるある!婚活アプリで失敗しないために注意すべきこと

・相手が婚カツ以外の目的で近づいてきた。

婚カツアプリ内で直接のやり取りをしたいと言われ、連絡先を教えた。すぐ会いたいとしつこく言ってきた。

このようなケースは良くあります。婚カツアプリによっては真面目なお付き合いをする目的以外の人が登録していることもあります。連絡先をすぐ交換しようと言ったり、すぐ会いたがる人の場合は本当に相手が信頼できる人か見極めることが大切です。

中には既婚者だったり、遊び目的であったり、業者なども紛れ込んでいることが稀にあるので気を付けましょう。

・会ってすぐなのにいきなり恋人かのような扱いをされた。

メールのやり取りをしているうちに、付き合っていると勘違いする人がたまにいます。

会ったときに過剰にスキンシップしてきたり、迫ってきたりすることがあります。

相手が勘違いしたといえばそれまでですが、なるべく相手を信用できるようになるまでは、夜飲みに行かない、家を教えない、人気のない車内などで会うのではなく人目のある昼間に会うことから始めましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする